主婦のカードローン審査について

本人に収入があることが原則

主婦の方でもママ友との付き合いや生活費の補てんなどで、カードローンを利用したいと考えている方もいることでしょう。

消費者金融や信販会社では、主婦の方でも自分の収入がある状態、つまり、兼業主婦であればカードローンの申し込みを受け付けてくれます。

仕事は正社員や派遣社員ではなくても問題なく、パート、アルバイトでもOKです。

ただし、主婦の方の場合も総量規制が適用されますので、年収の3分の1までが利用限度額となり、ご主人の収入と合算することはできません。

例外として、総量規制ではご主人(配偶者)の同意書があれば、専業主婦の方でも融資を受けられると定められていますが、対応している金融会社はほとんどないのが現状です。

銀行カードローンは専業主婦もOK

これに対して銀行は総量規制の対象外なので、兼業主婦の方はもちろんのこと、自分の収入がない専業主婦の方にも融資を実施しています。

インターネットからカードローンの申し込みをすれば、ご主人ではなく申し込み者の信用に基づいて審査が行われますが、利用限度額の上限は世帯収入にかかわらず低めに設定されています。

少額の融資でも問題がなければ、銀行カードローンに申し込む、少し高額の融資が必要だったら、パートでもいいので仕事を見つけてから貸金業者に申し込む、このような選択が賢明でしょう。

特に、消費者金融の場合は、パートなどを始めて間もない状況であっても、過去に支払遅延などの履歴がなく信用できると判断されれば、融資がOKになる確率は高いのでおススメです。

メニュー