カードローンの利用限度額について

貸金業者の利用限度額は上限あり

カードローンの申し込みをする時に、必ず記入するのが希望利用額です。

もちろん実際に借り入れできる金額は、金融会社の審査によって決められるので、申し込み者が入力する時点では、あくまでも本人の希望額です。

しかし、申し込み前に覚えておいていただきたいのは、消費者金融や信販会社の場合は、貸金業法で利用限度額が決められているということです。

その額は年収の3分の1となっており、1社から借り入れ額ではなく、銀行以外のすべての貸金業者からの借入総額になります。

したがって、年収600万円の人が他社から100万円の借り入れがある状態で、新たにカードローンの申し込みをする時は、600万÷3-100万円、100万円が利用限度額となります。

こうした決まり事を、「総量規制」と言います。

銀行は総量規制の対象外

総量規制が定められた背景には、貸金業者が法外な利息で融資を行っていたため、「多重債務者」が増加して社会問題になったということがあります。

しかし銀行は、この総量規制の対象外なので、年収の3分の1以上の利用限度額で、カードローンの申し込みを受け付けています。

その代り、高額な融資をする人に対しては厳しい審査を行っていて、年収だけでなく、勤続年数や勤務先の業種、過去の信用情報など細かくチェックして、返済能力を計算しています。

ちなみに、カードの利用限度額は契約額とは異なります。

利用限度額は、あくまでも現時点で借り入れができる上限金額のことで、金融会社と取引を一定の期間続けて信用が積み重なってきたら、段階的に契約額を限度として増枠されるという仕組みになっています。

メニュー