消費者金融カードローンは即日審査、即日融資

消費者金融は過去の暗いイメージを払しょくしようとして、さまざまな顧客サービスを提供しています。

その中でも目を見張るのは、審査時間の短さです。即日審査可能になっています。

以前から消費者金融は無人契約機などで当日審査、即日融資を行ってきましたが、最近ではスマホやパソコンでインターネットからの申し込みでも、この即日審査、即日融資サービスに対応しています。

審査時間を短縮している分、審査項目を減らしたり基準を下げたりしていることが推測されますが、法律で定められた審査基準は確実にチェックしています。

消費者金融のような貸金業者は、総量規制という貸金業法で決められたルールに従って、カードローン申し込み者への融資可否を判断しています。

その内容とは、申し込み者への融資額は年収の3分の1までで、これは他社からの借入額も含めた金額である、というものです。

消費者金融は借り入れの申し込みを受けたら、信用情報機関に申し込み者の情報を照会して、他社からの借り入れ額がこの範囲内であるか確認します。

また同時に、申し込み者のこれまでの借り入れ履歴、金融事故(破産、支払遅延等)の有無なども確認して、信用度を点数化してゆきます。

信用情報の他に、消費者金融が審査しているのは、自宅電話の有無、自宅の種類、勤務先の業種、雇用形態、健康保険証の種類など、「属性」と呼ばれる項目です。

この属性も、各社独自の基準で点数化しています。

消費者金融のカードローン審査は、銀行や信販会社と比べると比較的緩いですが、申し込み者の返済能力は重要な審査項目になっています。

少額のカードローン申し込みでしたら、収入が低くて不安定なパートやアルバイトの方にも融資をしますが、継続的な収入を得ていることは必須条件です。

また、高額融資になると年齢や勤続年数、月収、年収がよりシビアにチェックされます。

あまり知られていない事実としては、すでに借り入れ件数が3件以上あったり、1か月以内に何か所もの消費者金融にカードローンの申し込みをしたりした場合も、審査が通りにくくなってしまうことです。

こうしたポイントは絶対に忘れずに、申し込みの時は審査に通りやすい条件を整えましょう。

会社によって異なるカードローンのサービス

カードローンと言えば消費者金融が思いつく方が多いと思いますが、他の金融会社でもさまざまなサービスを提供しています。

その金融会社は、銀行と貸金業者とに分かれます。

さらに貸金業者には、消費者金融と信販会社があり、銀行とは違う貸金業法という法律に基づいて融資を行っています。

まずは、これら3つのカードローンの特徴について解説します。

銀行カードローンは、低金利でお金を借りられることが特徴で、消費者金融や信販会社に比べると、低額の借り入れでも4〜5%ほど金利が安くなっています。

また、年収が高かったり、過去に金融事故(任意整理、支払遅延など)を起こしていないような信頼の高い人だったりすると、高額融資をしてくれるのが特徴で、借り入れ金額が高くなればなるほど、段階的に金利がさらに低くなってゆきます。

さらに、キャッシングカードは銀行の普通預金口座と一体化しているケースが多いので、借り入れも返済も、非常に便利です。

ただし、他のカードローンに比べて 審査は厳しく、高い返済能力も求められるので、消費者金融や信販会社では審査に通っても、銀行カードローンでは審査に落ちてしまうケースが多々あります。

これに対して、信販会社(クレジットカード会社)が提供しているカードローンは、クレジットカードの付帯サービスになっているケースが多いので、非常に使い勝手がよく、海外旅行に行った時でも現地で借り入れができるという、大きなメリットがあります。

消費者金融は、3つのカードローンのうち一番審査に通りやすいと言われており、審査のスピードが断トツで早く、最近では、インターネットから借り入れを申し込んで、その日のうちに銀行振り込みで融資が受けられる「即日融資」というサービスが利用者から好評を得ています。

金利と利息はどれぐらい違うのか?

銀行と消費者金融、そして信販会社、一番の違いは金利です。

たとえば、みずほ銀行カードローンと消費者金融のプロミスを比較してみると、50万円の融資を受けて36回(3年)で完済した場合、それぞれの金利と支払利息は下記のようになります。

みずほ銀行カードローン・・・金利:年14.0%、支払利息総額:115,186円

プロミス・・・金利:年17.8%、支払利息総額:148,918円

いかがでしょう?

たった3.8%の金利差で、支払利息は33,000円も違ってくるのです。

ですから、カードローンの申し込みをしたいと考えている方は、まずは、銀行カードローンの利用を検討してみるとよいでしょう。

銀行カードローンは申し込みから審査まで、かなりの時間がかかるというイメージを持っている方が多いと思いますが、最近の銀行は、消費者金融と同じような「即日審査」「即日融資」に対応し始めているので、かなりスピーディーに借り入れができます。

信販会社と消費者金融は、金利がほぼ一緒ですが、利用中に金利を下げてくれるサービス(金利の見直し)は消費者金融に多いようです。

この両者は、使い勝手や目的などに合わせて選ぶとよいでしょう。

使途によって異なるカードローン

ここまでは金融会社の種類ごとにカードローンの特徴をお伝えしましたが、今度はカードローンの種類について解説しましょう。

カードローンには、借り入れしたお金を自分の自由に使える「フリーローン」と、利用目的が決められた「目的ローン」の2種類あります。

フリーローンは趣味や生活費はもちろんのこと、自営業の方だったら事業資金、さらには、他社からの借り入れの返済など、さまざまな目的に利用できます。

これに対して、教育資金、自動車購入資金など、特定の目的にのみ利用できるのが「目的ローン」です。

目的ローンはフリーローンより低い金利が設定されており、利用者にローンカードを発行するのではなく、金融会社からお金の利用目的となる教育機関や自動車販売会社などに、直接現金が振り込まれるのが特徴です。

最近増えているのは 「おまとめローン」で、フリーローンより低い金利で借り入れができますが、こちらも他社への返済金以外の借り入れはできないようになっています。

キャッシングなどの借り入れを一本化したい方は、このおまとめローンを利用したほうがよいでしょう。

知っておきたい2つの返済方式

カードローンの申し込みをする時に気にする人は少ないのですが、計画的な返済を続けてゆくためにも、借りたお金の返済方式は覚えておきましょう。

カードローンの返済には、「残高スライド返済方式」と「定額リボルビング方式」という2種類の方式があります。

まず、残高スライド返済方式ですが、これは返済額が貸付残高に応じて変動するタイプで、毎月の返済額を抑えられるというメリットがありますが、返済期間が長くなってしまいます。

一方の、定額リボルビング方式ですが、こちらは残高がいくらになっても毎月の支払額は固定されるので、返済期間は短くなり、支払い利息の総額も少なくなります。

返済方式は金融会社が決めているケースと、自分で選べるケースとがありますから、借り入れ前に立てる返済計画と照らし合わせながら検討するとよいでしょう。

できれば借り入れ希望金額が決まった後に、これら2つの返済方式でシミュレーションを行ってみて、支払利息の総額を確認してからカードローンを申し込む会社を決めることをおススメします。

カードローン審査申し込み時の注意点

銀行と貸金業者とでは、カードローンの審査基準が異なります。

銀行は自行の審査基準にパスしている人であれば、銀行の判断で融資金額を決められていますが、貸金業者が融資できる金額は、貸金業法で年収の3分の1までと定められています。

この金額は1社からの融資額ではなく、他の貸金業者からの借り入れも含めた総額になっています。

ちなみにこの総額には、住宅ローンや自動車ローンなどは含まれません。

また、即日審査、即日融資に対応している銀行や貸金業者が増えていますが、少しでも早く融資を受けたい場合は、前日の夜から申し込みをしておき、身分証明書や収入証明書を事前に用意しておくとよいでしょう。

銀行カードローンに申し込む場合は、普通預金口座を持っている銀行を選ぶと、融資実行までスムーズに進みます。

即日融資は申し込み者が多いと審査結果が出るまで時間がかかるので、週明けの月曜日や週末の金曜日、給料日の前後は避けるのが賢い選択です。

メニュー